「ゆるやかに暮らす家」緑が見える窓

ゆるやかに暮らす家

所在地愛知県名古屋市
構造木造
規模地上1F
敷地面積109.64m²
延床面積70.36m²
家族構成夫婦
竣工
敷地は名古屋市の中心部に位置し、周辺に図書館や公園がある暮らしやすい街の幹線道路沿いの一角。幹線道路と敷地の間には街路樹と幅の広い歩道があるため、車の騒音が緩和されて落ち着きがあります。そこにお子さんの独立後、老後をゆるやかに暮らすための小さくて暮らしやすい家を計画しました。商業地域で周囲をマンションなど高い建物に囲まれているため、窓の配置と空間構成を工夫し密集地でも光や風を取り入れて気持ち良く過ごせる家を設計しました。シンプルだけど木の温もりのある空間に、奥さんがこだわって選んだインテリアや生活道具が映えます。毎日気持ち良く家事ができるように、ダイニングキッチンに大きな窓を設けて抜け感を出しました。窓から植栽が見えることで、都会に建つ家でも緑を感じながら心地よく暮らせます。また、老後の暮らしが楽にできるような家事動線や収納にもこだわり、暮らしやすい家にするためのちょっとした工夫も随所に。老後のゆるやかな日々の暮らしと、お子さんが帰省された時のにぎやかなひと時の両方を温かく包み込み、暮らすほどに愛着の湧く魅力的な家です。

Process BLOG

↑