海の見える家のリビングから見える海

海の見える家

所在地愛知県常滑市
構造木造
規模地上1F
敷地面積840.76m²
延床面積101.86m²
家族構成夫婦+子供2人
竣工
敷地は知多半島の西側に位置し、伊勢湾に面する海岸線沿い。目前に海が広がる最高のロケーション。全室から海が望めるように海岸線に沿って長い形状の建物を計画した。敷地東側の丘陵地から海への眺望の妨げになる事なく周辺環境に馴染むように平屋建てとし、片流れの屋根の傾斜を海側へ低くなるように考えた。リビングには、季節や時間帯によって変化する海の景色を取り込む大開口の木製サッシを設けた。このサッシを開けるとリビングとウッドデッキがつながり、その先に広がる青い海、空との一体感が生まれアウトドアリビングの心地良さを味わうことができる。冬は海風が強いため薪ストーブで暖を取り愉しむ。「海が見える家で暮らしたい」という夢を実現されたご家族の愛着を感じる家である。
  • はじめての家づくり NO.23
  • 満点の家をつくりたい 東海編2
↑