奥ゆかしさと温もりのある家 ウッドデッキ

奥ゆかしさと温もりのある家

所在地愛知県瀬戸市
構造木造
規模地上2F
敷地面積180.26m²
延床面積101.54m²
家族構成夫婦
竣工
敷地は愛知県瀬戸市の北西に位置し、森林公園の豊かな緑に隣接する住宅街の一角。土地探しから一緒に家づくりを始めたご夫婦が、緑が広がる気持ちの良い環境を気に入られて、この土地に和モダンな雰囲気の家を建てたいと望まれました。そこで、緑豊かな環境を活かし、現代の日本人の暮らしに合った和を取り入れることで心地よく暮らせる家を計画しました。借景の緑が取り込めるダイニングキッチンの南側には間口5m、高さは天井まである窓を設けて、心地よい風景を思う存分取り込みました。キッチンに立つと目の前に緑のスクリーンが広がり、とても気持ちが良いです。ダイニングキッチンとリビングの中間に配した畳スペースは、緑の見える窓辺に掘りごたつのように足が入るデスクコーナーを設けて、持ち帰りの仕事や書き物、パソコン作業が気分良くできる場所になっています。また、寝泊り客の客間としてや、見通しが良い場所なので赤ちゃんを寝かせておく場所としても最適です。将来的には夫婦の寝室になり、1階だけで生活が出来るように考えました。このような、現代の暮らしに合った和室は便利で、暮らしに落ち着きと趣きのある雰囲気をもたらしてくれます。外観は、和を感じる切妻屋根に焼き杉の板張りを取り入れたシンプルな和モダンの佇まいで、季節によって変化する周辺の木々にしっくり馴染み、心地よい風景になっています。派手ではないけど奥深い魅力があり、どこか懐かしさを感じる温かい家にしたいという建主さんの思いを込めて「奥ゆかしさと温もりのある家」というネーミングになりました。

Process BLOG

↑