心休まる家リビング

心休まる家

所在地愛知県名古屋市
構造木造
規模地上2F
敷地面積179.37m²
延床面積102.23m²
種別住宅
家族構成夫婦+子供1人
撮影STUDIO HISHIKI
竣工
敷地は名古屋市の中心部に近い下町情緒が残るどこか懐かしい雰囲気の漂う住宅地。祖母から譲り受けた土地に家族3人で暮らす家を建てることになった建主さん。

もともと貸し駐車場として利用していた土地の北側に3台分の貸し駐車場スペースを残し、それ以外の部分に家を建てる計画をされました。

建主さんのご要望は「この家に居るとなんだかホッとするなぁと、心が休まる家」

肌触りが気持ちいい自然素材

心地良い光と風

親しみのわく温かい雰囲気に包まれた暮らしは ほんわりとした心地よさがあります。

そのために、3方道路と貸し駐車場からの視線をカットして、効果的に光や風を取り込めるように窓の位置や大きさを工夫しました。
夏涼しく、冬暖かく快適に暮らせる断熱性能にもこだわっています。

外観は、ガルバリウム鋼板の小波貼りで建主さんの好きなナチュラルな雰囲気に。。。
ゆったりとした住宅街の雰囲気にしっくり馴染む佇まいです。
夜、明かりが灯った外観も温かくてとてもいい雰囲気です。

室内は、毎日の生活がスムーズにできる家事動線や収納を考えた暮らしやすい間取りで、子育てをするお母さんがキッチンからお子さんを見守ることのできる空間になっています。カウンターデスクのある雰囲気の良いキッチンは、お菓子をつくったりミシンをかけたりと、料理や洋裁が趣味のお母さんの心地よい居場所。

リビングは、家族団らんを楽しんだり、お父さんが仕事の疲れを癒すことができるように、ゆったりと落ち着ける場所に配置しました。
吹抜けを通して2Fとつながっていることで、広々とした開放感があり、1Fと2Fでの会話もスムーズです。

家づくりで一番大切にしたことは、心地よさや暮らしやすさをじんわり感じる居心地の良さ。

家に帰るとほっと安らげる心休まる家が完成しました。

Process BLOG

↑