「悠々自適の家」計画案VOL.1

お子さんの独立後、ご夫婦二人で悠々自適の暮らしを送る家をコンセプトに設計しました。2人暮らしのための小さな家ですが、のびやかな空間構成でご夫婦の穏やかな日常と、お子さんが家族で帰省し、にぎやかな時のどちらのシーンにも柔軟に対応し、暮らすほどに愛着の湧く魅力的な家です。


ファサード
ローメンテナンスのガルバリウム鋼板の外壁でシンプルな外観。玄関ポーチは板張りで味を出し、植栽を施すことで無機質な建物が多い街並みの中でホッとする風景に。。。


外観(東面)
周辺の高い建物の影響で採光が厳しいため、出来るだけ影響を受けない場所に庭を設け、採光が有利になるような建物の形状と窓の配置にする事で、厳しい立地条件の中でも自然を感じながら心地よく暮らせる家を設計しました。

リビングダイニング
吹抜けを通して、光や通風が気持ちの良い空間。

LDK
庭を眺めながら気持ち良く料理のできるキッチン。ダイニングのW1800の大きなテーブルは食事をするだけでなく書き物をしたり、タブレットや本を見たりと色々な用途を兼ねます。ソファーを置かないライフスタイルに合わせてリビングは畳で落ち着くスペースに。

ゆるやかに暮らす家

↑