「自然体で暮らす平屋」建前


気持ちの良い天気の中、建前を行いました。大工さんたちが声を掛け合って段取りよく進めていきます。


午前中にほぼ柱と梁を組み終わり、午後から夕方にかけて屋根をじっくりと組み立てていきました。敷地を生かした平屋建の形状は伸びやかで、重心も低く抑えられ良い佇まいになりそうです。


工事終了後には建主さんが棟梁と四隅の柱をお清めしてから、一日がんばってくれた大工さんたちをねぎらい、宴を開いてくれました。ありがとうございました。
土台を伏せた状態からてきぱきと組み立てていく様子に建主さんは終始感心され、全体の形がみえる頃にはイメージが沸き嬉しそうでした。

自然体で暮らす平屋

↑