「自然体で暮らす平屋」

project-kの計画案VOL.1が完成しました。ここで暮らすご家族が自然体の暮らしを愉しめるゆったりとしたのびやかな家になりますようにと願いを込めて「自然体で暮らす平屋」と名付けました。


南東
日当りも風通しも良く、梅の木や借景の緑が心地よいのびやかな敷地を最大限に活かすために平屋で計画しました。周辺ののどかな景色に馴染む重心の低い落ち着いた佇まいです。


西
南東とはガラッと雰囲気が変わり、のびやかなフォルム。西日のあたる外壁にステンドグラスをはめ込む予定です。(西側のステンドグラスはとてもきれいだそうで作家さんのオススメです)


ダイニングキッチン・和室
もともと敷地の北側にあった梅の木を残す予定で、大きなピクチャーウィンドウを設けました。梅の木が周辺の建物の存在を消して、あたかも自然に囲まれている家のような心地よさをもたらしてくれます。これによって心地よい抜け感も生まれ、実面積以上の広がりも感じられます。


リビング・ロフト
大きな窓からは、隣家の植栽の借景と庭の景色が融合して奥行のある風景が臨めます。ロフトに寝転ぶと天窓から空が見えて気持ちいい。


寝室
クローゼットの中央には隣の公園のほっこりする佇まいの1本の木の風景を額縁にはめ込んだようなピクチャーウィンドウ。
のびのび子育てをして、豊かに暮らす自然体の家。。。ご夫婦共に「いいね~!」と気に入って頂けたようです。

自然体で暮らす平屋

↑