「自然体で暮らす平屋」基礎工事完了


コンクリート打設後、養生期間を経て基礎工事が精度よく完了しました。
基礎に設置されたアンカーボルト(写真の金物)は土台と緊結して引き抜き力に対応するもので、設計図と構造図に基づき位置が決められます。
次の工程は建前に向けて土台を設置し、足場を組み立てていきます。
建前は、家の骨格が一気に立ち上がる様子がみられる楽しい行事です。

自然体で暮らす平屋

↑