「おおらかにくらす家」計画案VOL.2

計画案VOL.1を受けて、建主さんの思いと違う部分を解消したVOL.2を提出しました。VOL.2を受けて建主さんより「前回の不安な点はすべて取り除かれておりました。私どもが重要に思っていたことを改めて実感することができ、また気に入ったプランに愛着が生まれた気がします」とお返事を頂いて、実施設計へ進む事になりました。。。こんな風に建主さんと私たちで同じ方向を向いて、建主さんの家に対する要望や思いをカタチにしていく家づくりの仕方が理想的です。さらに進むと工事を担当する工務店さんが加わり、3者で同じ方向を向いて建主さんの大切な資金を有意義に活かした納得満足の家づくりをしていきます。

悠らり建築事務所が設計した「おおらかに暮らす家」のLDKはひとつながりの空間にし、吹き抜けに面して2階の子供部屋の窓から1階と家族の会話が楽しめます
LDKイメージ
VOL.1ではリビングとダイニングキッチンの間にリビング階段の踊り場があり、空間を用途別にやんわりと区画していましたが、LDKはひとつながりの空間にして模様替えを楽しめるようにしたいという要望から、こんなカタチに生まれ変わりました。吹き抜けに面して2Fの子供室(右側)とデスクコーナー(左側)が。子供室の窓から顔を出して1Fの家族とおしゃべりしている様子を思い浮かべるとほっこりします。。。

悠らり建築事務所が設計した「おおらかに暮らす家」のリビング階段はダイニングキッチンに配置し、階段下はパントリーに。階段横は本棚
リビング階段イメージ
リビング階段はダイニングキッチンの際に配置。下部はパントリーとして活用しています。階段横は子供たちが大好きなマンガがたくさん収納できるように本棚を設置。

悠らり建築事務所が設計した「おおらかに暮らす家」リビングイメージ(左)、2Fデスクコーナーイメージ(右)
リビングイメージ(左) 2Fデスクコーナーイメージ(右)
5人家族のためソファーはL型にゆったり置ける想定です。ソファーが置かれる事を考えるとリビングの窓は掃出し窓よりも床面から35cm程上がっている大きな腰窓が雰囲気良く、落ち着きます。2Fホールに設けたデスクコーナーは奥さんの家事(ミシンやアイロン掛けなど)や子供たちの読書や工作などの作業スペースとして。。。

おおらかに暮らす家

↑