「おおらかに暮らす家」実施設計図完成

計画案をもとに詳細を設計した実施設計図1式が完成し、建主さんと綿密に打ち合わせをして気になる部分を解消して頂きました。打ち合せによって、本当に必要なもの・そうでないものが整理されて、愛着のわく素材や暮らしが楽しくなる遊びの部分も加わって、より魅力的な家になったように思います。建主さんにも「大変満足しています」と言って頂けて何より。。。ただ今工務店で見積もり中です。

詳細な図面を見て建主さんが気になる部分、やりたい事について建主さんと私たちの2者でじっくり話しあうことで一方向からでなく多方向から見つめ直すことができるのでより良い方向で解決させる事ができます。工事が絡む事については、そこに工務店さんも加わって3者で相談し知恵を出すことで、建主さんが本当に求めている事を一番良いカタチでつくりあげる事ができる。これは規格品の家づくりでは味わえない生きた家づくりの醍醐味です。ただ、あまり決めすぎたりつくり込みすぎたりすると暮らしがかえって窮屈になってしまうため、どうとでもなるようなフレキシブルなつくりにしておくなど自由な発想で柔軟に考えていくことがポイントです。

おおらかに暮らす家

↑