「寛ぎの家」配筋検査~土台伏


基礎の配筋検査を行いました。第三者機関、構造設計士、悠らりで基礎詳細図を基に鉄筋の径、間隔、継手、補強筋等を確認します。検査は問題なく合格しました。


その後コンクリート打設、養生も順調に行われ、精度よく基礎が完成しました。

いよいよ建前に向けての準備です。基礎に通気用の基礎パッキンと桧の土台を敷き、アンカーボルトで固定し、大引(写真:下部に基礎がない部分)は土台にかけて鋼製束で支えます。前日には足場を組んで準備完了。
建前は大工さん達が1日で家全体の構造を造り、棟上げする楽しい行事です。

寛ぎの家

↑