「暮らしを楽しむ家」取材


「暮らしを楽しむ家」に住宅雑誌の取材でおじゃましました。
取材の中で印象に残った建主さんの言葉があります。「この家で暮らすようになって料理のレパートリーが増えました。庭や借景の緑を眺めながら料理をして、豆からひいたコーヒーの良い香りが部屋中に広がり、手作りベーグルの朝食をとる。また、木の温もりや肌触りが心地よく、帰宅後、リビングの引き戸を開けた時に目に入るLDKの雰囲気もとても気に入っています。こんな風に五感で心地よさを感じられる暮らしがとてもいいです」


キッチン勝手口の配管スペースの出っ張りが気にならいようにと設けた収納棚も有効利用。思いのほか、これが便利!


寝室のクローゼットは建具を両開きカーテンにすることでコストダウン。実際に使ってみた感想は、引違戸だと片側を開けている時はもう一方が開けられない。夫婦で着替えの時間が重なる事が多いためカーテンで良かったそう。
規格品に縛られず暮らしや好みに合わせて自由に家づくりをするスタイルがピッタリだったお二人。最初はいろいろ詰め込んだけれど、本当に必要かどうか考えながらそぎ落としていった事で良くなった事が、活きています!と家づくり中の思い出話に花が咲き、楽しい取材となりました。建主さん、雑誌社の皆さんありがとうございました。

暮らしを楽しむ家

↑