「心休まる家」足場が外れました

心休まる家 外観

名古屋市の悠らり建築事務所が設計した中川区の「心休まる家」。足場が外れて、外観が現れました。このタイミングで建主さんと現場で、植栽とカーテンのお打ち合わせを行います。

ガルバリウム鋼板の外壁

ガルバリウム鋼板は板金のクールなイメージがありますが、シルバーの小波横貼りにすると、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。これから木塀がつくられ、庭に植栽が植えられると、よりナチュラルさが増していい雰囲気になっていきます。

レッドシダーの外壁

部分的に木を貼ると、無機質な中に温かみが生まれホッとします。レッドシダーの木目はナチュラルな雰囲気によく合います。板張りの面積が少ないと、メンテナンスも楽ですね。

レッドシダー板張り

漆喰塗装下地貼り

内部は、漆喰塗装を塗る前の下地の紙クロス貼りが行われています。吹き抜けから入る光によって、白い壁に陰影が生まれてきれいです。遊び心のある腰壁はキッチンと畳スペースの仕切りです。

心休まる家 漆喰下地

悠らり建築事務所からのお知らせ

愛知県名古屋市で自然素材の心地よい家づくりをしている住宅の設計事務所です。
新築、リノベーション、オーダー家具・キッチンなどお気軽にご相談ください。
もっと詳しくお知りにお知りになりたい方は、コンセプトブックをご覧ください。
お問い合わせ、コンセプトブックのお申込みはお問い合わせフォームまたはお電話でお願いいたします。

心休まる家

↑