「心地よい居場所のある家」躯体検査



第三者機関、構造設計士、悠らりによる躯体検査を行いました。屋根葺き仕上、構造図面に基づく耐力壁のくぎのピッチと精度、構造金物の種類、ビス止めの精度等を検査します。検査は問題なく終わりました。
次は外壁下地工事、内部は設備配管工事に入ります。

心地よい居場所のある家

↑