小住宅の魅力

悠らり建築事務所が設計した「アトリエのある家」には通路に手洗いやお茶出し用の小さなシンクとカウンターを設置し、カーテンを閉めればフィッティングルームにも
「アトリエのある家」のアトリエ
アトリエから居住スペースへ通じる通路に手洗いやお茶出し用の小さなシンクとカウンターを設けました。更に居住スペースへの入り口ドアにミラーをはめ込んであるので、カーテンをさっと閉めればフィッティングルームにも早変わり♪(カーテンは建主のSさん製作予定)

悠らり建築事務所が設計した「アトリエのある家」のように小住宅はひとつの空間に複数の用途を持たせて省スペースに
小住宅の場合、こんな風にひとつの空間に複数の用途を持たせて省スペースにする事がポイントです。坪数を抑える事で建築費用が抑えられるので、同じ予算でも坪数の大きい家に比べて建材の質を高める(肌触りが良く経年変化で味わいが増す無垢のフローリングや木の建具、家具にしたり、調湿効果や消臭効果のある珪藻土の壁にしたり、断熱効果がより高い断熱材を採用したりと、より心地よい家へ。。。)事ができます。

小さいけど広がりを感じさせる工夫。小さいけど建主さんの暮らしが快適にできる工夫。そんな工夫によって生まれる空間は、どこか楽しげで魅力的です。大きな家に比べて掃除や維持管理がラクなのも魅力ですね。。。

アトリエのある家

↑