「自然の恵みと暮らす家」1年点検

桜がきれいな頃完成した「自然の恵みと暮らす家」も1年が経ち、先月1年点検に行ってきました。


外壁や木塀の状態は良く特に問題はありませんでした。断熱性能の良い吹付断熱材を施工し、断熱効果の高い火山灰シラス壁を外壁と内壁に施した熱効率の良い家のためエアコンの頻度も少なく、料金が安い時間帯に上手に電気を使う事でオール電化の家ですが電気代が抑えられているそうです。


植栽の葉が茂りいい感じに。。。背の高いアオダモが外観のアクセントになっています。


庭も芝が青々としていろんな花が咲き、1年の中でもいい時期を迎えていました。「ジューンベリーがたくさん花を咲かせてとてもきれいだった」とYさんの奥さん。1年を通して庭を楽しまれている様子でした。糟谷庭園デザイン室の糟谷さんがつくる庭は日々の暮らしの中で楽しむ事ができ、四季を通していろんな変化を魅せてくれる奥の深い素敵な庭です。


竣工した時は土だけだった家庭菜園スペースもいろいろ植わって楽しげ♪


玄関
ピクチャーウィンドウと壁面上部のスリットから入る光による陰影がきれいでした。。。光の具合によって変わる素焼きのタイルの表情も素敵です。


ダイニング
室内も特に問題はなく、木製玄関ドアと一部の木製サッシの建て付けを直す事に。木製の建具は1年を通して湿気を吸ったり、乾燥したりする事で伸びたり縮んだりを繰り返しながらその場所の環境に慣れ、落ちていきます。そのため竣工から1年間は様子を見て頂いて、1年点検でチェックして直しが必要な箇所を直します。


2Fサンルーム横のカウンターデスク
2Fの日当たりの良い場所のポカポカ窓辺でひなたぼっこしたいと望まれた奥さんの趣味を楽しむスペースです。


趣味のお茶を楽しむために炉を切った和室。畳下収納にはお茶の道具がぎっしり収納されていました。家が完成してから2回ほど、お茶会を開いて楽しまれたそうです。

最後の家だからとじっくりじっくりこだわって家づくりをされたYさんご夫婦。「とても快適に暮らしています」と満足して頂けているご様子に、この家づくりに携わることが出来てよかったなぁと私たちも一段落。長寿命で機能性が良く風合いの良い素材にもこだわって建てた「自然の恵みと暮らす家」、これから年月と共に味わい深くなっていく様子が楽しみです。

自然の恵みと暮らす家

↑