コットンのカーテン

カーテン屋さんときれいに見える取り付け位置や空間に合ったカーテンスタイルにこだわって製作したカーテンが取り付きました。同じものでも取り付け位置やちょっとしたバランスで見え方がずいぶん変わります。

愛着の湧く木製窓にさらりとかけたコットンのカーテン
窓を開けると、ふわりとなびく様子に風を感じてくつろぎ感が増します。空間に合わせてフラットスタイルでシンプルに仕上げました。鋼管のカーテンレールはシンプルなだけに質感の良さが物を言います。

LDKのコーナー窓
桐のブラインドですっきりと納めました。視線やまぶしさ、暑さを遮りながら通風、採光できます。桐は断熱効果が高く、比重が軽く操作性も良いので見た目だけでなく機能も優れています。

キッチンのギャザーカーテン
目隠しにミラーレースのカーテンを取り付けました。抜け感は残しつつ、視線は遮ります。気分に合わせて、少しめくって好きな位置でクリップでとめるといろんな雰囲気を楽しめます。

トップフリルにして雰囲気良く。

子供室
タッセルも空間の雰囲気に合わせて細めにつくってもらいました。

寝室のコーナー窓
コーナー用のカーテンレールできれいに納めています。

寝室のクローゼット
左右どちらからでも開けられるようになっているので開けたいところをジャッと出来て便利。

こちらもフラットカーテンですが、よりシンプルにすっきりと見せるために生地幅を少な目に調整してあります。
「暮らしを楽しむ家」

暮らしを楽しむ家

↑