Conceptコンセプト

家づくりの理念

住み心地のよい家をつくるためには、建主さん・設計事務所・工務店の3者が信頼関係を築いて、建主さんにとってより良い方向を導き出しながら家づくりをすることが大切です。そのようにつくりあげた家は、建主さんの暮らしにしっくりと馴染み、何気ない日常を心豊かなものにしてくれます。私たちは、そういった家づくりの過程を大切にし、家が完成して暮らしが始まってから、じんわりと心地よさや暮らしやすさを実感していただけるような満足度の高い家をつくることを心掛けています。

住宅設計で大切にしていること

躯体性能
構造設計士と一緒に設計を進めることで、合理的な架構で耐震性能の優れた家をつくります。
断熱性能
できるだけ設備に頼らずに快適に暮らせるように、断熱性能を高めて熱効率のよい家をつくります。
配置と空間構成
与えられた敷地の中で、できるだけ自然(光・風・緑)を取り込める配置と空間構成を導き出し、気持ち良く暮らせる家をつくります。
素材
肌触りがよく、年月と共に味わいの増す自然素材を用いて、愛着のわく家をつくります。
収納
建主さんの暮らしに合った収納を計画することで、すっきり暮らせて家事が楽になり、ゆとりの時間を楽しめる家をつくります。
↑