心地よい居場所のある家

「心地よい居場所のある家」建前

8月末に建前が行われました。朝早くから柱、梁を手際よく組んでいきます。 正午頃には屋根の梁組までほぼ完了しますが、屋根の構造用合板から防水シートまでは5工程あるため、ここからは手間と時間がかかります。 大工さん、クレーンの運転手さん、監督さんが声を掛け合い手際よく工事をすすめてくれたおかげで、夕方には防水シートまで無事…

Read More...

「心地よい居場所のある家」配筋検査

第三者機関、構造設計士、悠らりで基礎の構造図を基に鉄筋の径、ピッチ、継手の長さ、補強筋等の検査を行い、特に問題なく合格しました。工程はベースのコンクリート打設→養生→立上りのコンクリートの打設→養生の順に進みます。

Read More...

「心地よい居場所のある家」地盤改良

地盤改良を行いました。オーガで掘削(写真)、砕石投入、エアーポンプでの締め固めの順で砕石の杭を造り、平板載下試験で地盤の安全な支持力を確認します。この現場では32本の杭を2日間で施工していきます。

Read More...

「心地よい居場所のある家」地鎮祭

7月の吉日に地鎮祭を行いました。 慣れない事ですが、神主さんが説明をしながら進めて下さるので安心です。このご縁を大切にと、地鎮祭にちなんだ良いお話もして下さり和やかな雰囲気で執り行われました。いよいよ着工です!

Read More...

「心地よい居場所のある家」地盤調査

地盤調査を行いました。既存建物解体後の地盤なので埋め戻した土の強度はありませんが、その下の強度は比較的良い調査結果でした。強度や液状化等を検討して、改良工事の杭の長さや本数等が決まります。

Read More...

「心地よい居場所のある家」実施設計図提出

実施設計図1式が完成しました。家の全体像を掴んで頂いて、建主さんの気になった箇所をご予算と優先順位のバランスをとりながら、じっくりと打ち合わせをして解消していきました。お互いの考えを伝えあって、まとめた事でより良いものになったと思います。これが一緒につくる醍醐味です!

Read More...

「心地よい居場所のある家」模型

模型が完成しました。 建主さんの暮らしに合った間取りや採光や通風の機能から生まれた自然なフォルムが魅力的です。お父さん、お母さんが眺めているところに工作が大好きというお子さんが寄ってきて写真をパチリ。これから先、工事が始まって家が建ち上がっていく様子を見ることがお子さんたちにとってもいい経験になるといいなぁと思います。

Read More...

「心地よい居場所のある家」計画案VOL.2提出

計画案VOL.1を受けて、建主さんの気になる点と予算を調整をしたVOL.2を提出しました。工務店に見積もりをとった時に大幅な予算オーバーで困らないために、計画案の段階から予算計画書をを作成してそれに沿って進めていく事が安心です。建主さんとじっくり話しあってベストな方向性を定め、計画案が終了しました。少しずつ家づくりの実…

Read More...

↑